興信所の費用と相場間が引っかかる方は参考にどうぞ!

興信所の主な調査、尾行調査の料金からくりについてご評論する。

 

尾行調査は2名構成が最低限だ。
費用が乏しい興信所の注意書きを見てみると、1名という会社もあります。
1名での尾行は失敗やる率が本当に強く普通は無理ですよね。
(尾行中にお手洗にいけませんよね)

 

時間は最低限時間が3時間、6時間、12時間など各社さまざまだ。
2名構成一年中6時間の尾行で○万円として料金表に出てあることが多いですが、
それはイロハ料金という意味も併せ持ちます。

 

そのイロハ料金には、通知処理費用があることが一般的だ。

 

ただし、尾行に車を使用する場合は、交通費として一年中1万円あたりの費用が一般的だ。

 

6時間で契約したが、調査が終わらない場合は追加料金がかかります。
1時間頃○万円と表記されていることが多いですが、調査員一人当たりの明記の場合には、
実際にはその2ダブルの費用が現れるのでご警報ください。

 

1時間の調査費用の市場
調査員2名称のとき 2.0万円以上〜2.5万円未満 36%
1.5万円以上〜2.0万円未満 28%
1.0万円以上〜1.5万円未満 24%

 

交通費(調査行動車輌・バイク)の市場(2005時期調査)
毎日1客席頃費用 1.5万円以上〜2.0万円未満 16%
1.0万円以上〜1.5万円未満 24%
無償 36%

 

未明や深夜のとき(ほぼ昼過ぎ10時期〜朝7時期)に割増料金がかかることは
通常の探偵では見られませんが、確認限ると思います。

 

その他、調査に訪ねる経費が提言されます。

 

・走行費(列車、バス、ハイウェイ料金など)
・ガソリン料金
・停車場代
・入会社費(マークが食堂に入ったときの調査員の飲食料金)
・宿泊費(来訪して尾行始めるとき)
・使い捨て費(録画行動テープ料金、フォト料金、電池料金など)

 

特に対価については見えない部分ですので、事前にいくらぐらいかかるのか聞いたほうが良いと思います。

 

料金だけで探偵の良し悪しは判断できません。
探偵を捜す際は、様々な興信所のウェブサイトを検索して注意深くチェックし、
必要に応じて何オフィスも見積もりをすることもあると思います。
その際は、仕組をご参考にしていただければ幸いだ。

 

お急ぎの人や興信所についにご依頼罹る人は、一括見積りが便利で安心だ。